教室風景(靴づくり編)

やっと、というかついに奥様の靴を仕立てる

自分、普段は一切マスクはしないのですが、流石にこの状況でマスク無しだと、最近は様々な場面で視線が厳しい・・・。   かといって今更色々廻ってもマスクを入手できるわけでもなく・・・・。   手に入らない

正月に家で仕上げたホールカット

ベテランYさんは、14足目に突入です。     ご自身専用の“マイ木型”もこれで3足目・・・。   今回は、トウのシェイプもご自身で加工して、オリジナリティに拘りました。   &n

作って、直して、家でも作って・・・。

これまで4足、ご自身の靴を作ってきたAさん・・・。     ひと通り、作りたいと思っていた靴は終わったようでして・・・・、   また、丁度そのタイミングで、お友達にお子さんが生まれたようで、

型紙作りから挑戦

この2年でこれまで計5足の靴を作ってきたNさん・・。     ついに、 “型紙から自分で一足作ってみたいっ!” ということで、初めて型紙からの製作と相成りました。     最初は、

こんなベビーシューズ出来ますか?

先日、弟さん夫妻にメデタクお子さんが誕生したというNさんから、   “こんなベビーシューズ欲しいんですが、作れますか?・・・”   と見せられたのが、某有名スニーカーブランドが出しているベビーシューズ

秋っぽい雰囲気のローヒールパンプスが完成~!

突然ですが“読書の秋”ですね・・。   こちら、2018年本屋大賞を受賞した『かがみの孤城』・・・。   豊島区の図書館で、確か2月頃に予約をしたので約9か月越しとなりますか・・・・・。  

包丁が丸くなってしまう問題

当教室では、かばん教室とレザークラフト教室の全生徒さん、及び靴教室の一部の生徒さんには“マイ包丁”を使っていただいております。   マイ包丁を持っている以上、当然“包丁の砥ぎ方”もお教えしているのですが、時々、

初めての靴は真っ赤でインパクト大!

初めて靴作りに挑戦するTさん。     まずは、仮履き作り・・・。     “ワニ”と呼ばれる道具を使って初めての吊り込み。 テコの原理で、革を引っ張り、寄せて、更に釘で留めていく

中敷きで足の回内を補正する。

前回の続きです。     ソール、ヒールを付けグラインダーで削り廻して、無事完成と相成りました。   因みにこちら、前ブログでもお載せした仮履きの時の写真で、気になる所見があると言っていたも

初めての一足はタニクリのローファーで

初めての1足に挑戦中のYさん。(手前の女性です。)     作ってみたい靴として、今はなき“タニノクリスチー”(イタリア)のメンズローファーの写真をご持参・・・。 メンズ・レディース共に“名靴”として

外反母趾に合わせたサンダルが完成~!

前作に続き、奥様への靴を作成中のMさん・・・。     チケット制故ゆえ、月2回ののんびりペースで進めておりましたが、夏の終わりも近づき若干焦り気味に・・・。   因みに、サンダルには、直接

靴の型紙作りから始めたいっ!!

靴を作る上で、一番最初に行うのが“木型補正”です。   その後、その木型に併せたゲージを作成し、そのゲージにデザインを描き、更には“展開”といわれる作業を経て、いわゆる“型紙”が出来上がります。  

チロリアンの型紙で秋色ワラビー

殺人的な暑さもようやく落ち着き始め、日に日に秋らしくなってきた今日この頃・・・、お久しぶりのお馴染みYさんです。 数えてみたら、かれこれもう13足目になりました。 で、今回完成したのはワラビー・・・。   ご存

失敗が功を奏したビーディング

これまでバッグ・革小物類を20作以上作成してきたAさん・・・。 “もう作りたいバッグが無いっ!!” ということで、遂に靴作りに挑戦です。 デザインは4つ穴のシンプルな外羽根スタイルですが、バッグ類で散々やってきた“ヘリ返

なんでもこなすスーパー主婦Nさん。

歴2年、今作で5足目となるNさん・・・。 前作の靴が完成後、次の靴に取り掛かる前に、 “ちょっと息抜きで、コーヒーフィルター用のポーチを作っていいですか?” ということで、サクッとレザーポーチを完成させるNさん・・・。

何故かホワイトシューズにコダワルNさん。

歴2年目、2足目に突入したNさん・・・。 因みに1足目の靴は、ご自身のものでコチラ、 全て真っ白のシボあり革で、革紐とライナーはゴールドにしました。 1足目の靴も、昨年の丁度今頃に完成しましたので、 “夏らしくて、これか

愛娘へのベビーシューズが完成

歴5年、これまでクーズーの革を使った靴や、ノルウィージャン製法の手縫い靴、更には奥様へは9㎝ヒールのパンプス等、当工房としては“やや変わり種”ともいえる、こだわりの靴を作成してきたUさん・・。 昨年、めでたく第一子を授か

Yさん、木型の精度を追求する

かばん教室で一通りの基礎を終え、トートやウエストポーチを作成していたYさん・・・。 本業は靴の木型に携わるお仕事をされているようで、 “かばんは少し飽きたので、次は靴を・・・・、” ということで、靴作りに“鞍替え”です。

やっぱりローヒールが好きっ!

以前このブログでもご紹介した池袋の名店?【カレーは飲みもの。】や【とんかつは飲み物。】・・・。 今度は“ハンバーグ”が飲み物になってしまいました。 写真はありませんが、東口には飲める“焼きそば”もあるそう・・・。 もちろ

全く同じ型紙で2足目へ・・。

1足目の靴のデザインが余程気に入ったのか、2足目も同じ型紙で作成中のMくん・・。 前回は黒一色でしたが、 今回は茶と臙脂のバイカラーで・・・。 しかし、相変わらずパーツが多いですな・・・。 因みに茶色の革は、高級レザー・