今年は全員業者さん任せになりました。

ブーツ等でよくみられるのが“クリッピング”という作業です。
 
立体的なカーブを出す為に、組み立てる前の状態で、無理やり革に“くせ付け”をする作業のことですが・・・、
 

 
この冬は、これで4足目・・・かな?
 
例年よりは少し多かったような気がします・・。
 
もちろん、自分自身で手作業でクリッピングすることもできますが、今年は全員業者さんにご依頼パターン・・・。
 

 
革にもよりますが、このクリッピング作業、手作業だと結構大変なんです・・・。
 
専用の板に、水で濡らした革を何度も何度もつり込んでは、釘で留め、伸びていないところをまた引っ張っては釘で留め・・・、
という作業をひたすら繰り返していくので、2~3足分のつり込み作業をする位疲れます・・。
 
ただ、大変ではあるのですが、キレイに仕上がった時にはつり込み時以上の至極の喜びが待っておりまして・・・、
 
是非、一度はチャレンジしていただきたい作業です。
 

 
ということで、Nさんも業者さんにお願いしたクリッピング革を使い、ブーツ製作進行中・・・。
 
一応、クリッピングが必要なデザインの場合、“業者さん任せ”or“自分自身でクリッピングを行うか”を選択していただいているのですが・・・、
今年は女性が殆どだったせいか、全員業者さん任せと相成りました。
 
まあ、送料込みで1000円チョットで出来るとなれば、分からないでもないですが・・・。
 

 
ということで、Nさんのサイドジッパーのブーツも何とかこの冬間に合いました。