型紙作りから挑戦

この2年でこれまで計5足の靴を作ってきたNさん・・。
 

 
ついに、
“型紙から自分で一足作ってみたいっ!”
ということで、初めて型紙からの製作と相成りました。
 

 
最初は、靴の型紙とはどういうものなのか?ということをより理解していただく為、最も基本的な形である“切り返しあり”の靴か“センターシーム”の靴かのどちらかの選択となります。
 
靴のデザインとして最もオーソドックスなデザインともいえる“外羽根”“内羽根”に入る前に、このデザインで一足作っておくと、その後の様々なデザインを考え進めるときに、より理解が深まる、と考えております。
 
 
ということで、Nさん悩んだ挙句、内OR外側に“切り返しのある”靴を選択・・・。

 
早速、マスターゲージを使って型紙の基となる“展開図”を作成・・・。
上の図では、靴の内側に“切り返し”が入ったシンプルな形となっております。
 
勿論このまま、左右対称で作成しても良いのですが、そこは6足目のNさん・・・、
 
“切り返しのラインを左右非対称で替えて作ってもいいんですか?”
 
と、早速基本の考えを応用させた技を駆使・・・。
 

 
なにやら、様々な形となった型紙で、早速“型押し”の革を裁断し始めました・・・。
 

 
もう一枚、グレーの革を使ったコンビネーションにする模様・・・。
 

 
ということで、完成~!
 

 
左右非対称のデザインで、オリジナルな靴が完成いたしました。