初めての一足はタニクリのローファーで

初めての1足に挑戦中のYさん。(手前の女性です。)
 

 
作ってみたい靴として、今はなき“タニノクリスチー”(イタリア)のメンズローファーの写真をご持参・・・。
メンズ・レディース共に“名靴”として根強いファンを持ち続ける有名ブランドです。
 
既に廃業してしまっているので、当然新品は購入できず、尚且つYさんの足のサイズは22.0㎝・・・。中古品でも、まず出回ることは無いでしょう・・・。
 

 
“ならば、自分で作ってしまえっ!”ということのようです。
 

 
初めてとは思えない手際の良さで、サクッと仮履きを作成・・・。
 
普段は22.5~23.0を履いているということで、いわゆる“踵パカパカ”状態が常だったようですが、踵もしっかりホールド出来ており、木型補正については問題なさそう・・・。
“木型補正については問題ない”というのは、実は他に気になる所見がありましたのでこのような表現ですが、詳しくは改めて記載しますので・・・。
 
その他、履き口の位置や、タッセルの長さなどの微調整を型紙で行い、取り敢えず本番へと突入します。
 


 
今回使用する革は、オイル絞りでタンニン鞣しの黒を選択しました。
 

 
縫製を終え、早速つり込み作業へ・・・。
 

 
通常、このサイズ(22.0前後)のパンプスやローファーは、1.0㎜~1.2㎜程度のアッパーが用いられることが多いのですが、今回この革の元厚は2.0㎜強・・・。
 

 
小さい木型ですと踵やトウのアールがきつくなり、吊り込み作業は熟練者でも苦戦を強いられる為、予め吊り込みシロを機械で漉いておきました。
 

 
踵部の吊り込みで、だいぶ要領を得たようで・・・、
 

 
先芯をいれたトウの吊り込みも、上手に出来ました。
 

 
初足ということで、今回は圧着(セメンテッド製法)で底材を貼り付け・・・、
 

 
ヒールも積み上げ、グラインダーにて最後の仕上げ作業へ・・・。
 
少し長くなりそうなので、完成は次回へ・・・。