秋っぽい雰囲気のローヒールパンプスが完成~!

突然ですが“読書の秋”ですね・・。
 
こちら、2018年本屋大賞を受賞した『かがみの孤城』・・・。

 
豊島区の図書館で、確か2月頃に予約をしたので約9か月越しとなりますか・・・・・。
 
やっぱり時間が経つと、当初の“わくわく感”は薄れますよね・・・。まあ、読みますけど・・・。
 
ところで先日、やはり図書館で借りて読んでとても面白かったのがこちら、『フラットランド たくさんの次元のものがたり』。

 
いわゆる“4次元空間”というものを、3次元で暮らしている我々普通の人々はイメージしづらいものですが、小説仕立てで分かりやすく書かれておりかなり興奮して読み進めてることができました。

2次元世界“フラットランド”で生きる“スクエア”(四角形)が主人公として登場し、2次元世界での暮らしぶりや、また0次元(ポイントランド)や1次元世界(ラインランド)からの見え方が描かれており、更には突如3次元世界の住人が登場するのですが、1次元の人々が2次元を理解できないよう2次元世界のスクエアには、我々が暮らしている3次元というものをどうしても理解することが出来ない、という内容・・。
これが100年以上も前に書かれた本だということも驚きです。
興味のある方は是非・・・。
 
 
さて、話は変わって、4足目のAさん・・・。
 
前作のローファーを初夏に完成させ、
 
“今年の秋までにパンプスを完成させたいっ!”
 
と取り組んで参りました。

 
流石4足目、吊り込みの“しわ寄せ”も大分手馴れてきましたな・・・。
 

 
最初はおっかなびっくりだったグラインダーの扱いも、躊躇することなくサクサクと進めていますね~。
 

 
今回は6㎜厚のクレープソールに、“押し縁”は付けずに進めるようです。
 

 

 
最後にソール&ヒールを削り廻して・・・、
 

 
完成~!

 
モスグリーンのタンニンレザーを使い、秋っぽい色合いのローヒールパンプスに仕上がりました。
 


 
Aさん、友達にお子さんが生まれたそうで、次はベビーシューズに挑戦です。