季節外れではありますが・・・。

教室に通っていただいている、大学生の生徒さんの知り合いの方から、
 
“ある素材を使って、サンダルを作って欲しい”
 
という、ちょっと変わったオーダーが入りました。
 

 
上の写真、ウエッジソールの間に挟まっている茶色い板状のモノがその素材・・・。
 
まあ詳細はここでは割愛するとして、取り敢えず仮履きを作成していきます。
 
両足分、実際に履いて歩いていただき、改めて調整を施してから早速本番へと入ります。
 
まずは中底加工です。
 

 
今回、2本のストラップが交差するようなデザインのバックストラップサンダルなのですが、ストラップ固定位置が左右でだいぶ異なっております。
 
勿論、仮靴の時は左右同じ位置にして作成しておりますが、実際に履いて歩いていただき、ご本人が“心地よい”と感じられる位置に調整を施した結果、このような位置に決まりました。
 
左右のサイズ差については、木型の肉付けで調整出来ますが、歩き方の癖等は実際に履いて、歩いていただかないと分からない部分です。
この様なデザインのサンダルですと、ストラップのつり込み位置まで調整することで、より足あたりの良い靴に仕上げることが可能です。
 

 
中底の断面をアッパー素材と同じ革にする為の加工・・・。
 

 
木型につり込み・・・、
 

 
スポンジ素材を加工し、今回は“ウエッジソール”仕様になっております。
 

 
ウエッジソールの断面も、やはりアッパー素材と合わせる為、中底と同様の作業を・・・。
 

 

 
この作業、結構好きです・・・。
 

 
ということで、完成~!
 

 
サンダルというと、若干季節外れではありますが・・・、
 

 
大学内での室内履きのようなので・・・。