Nさん、フクロウを描いてみた。

靴作りの合間に、急遽小銭入れを作り始めたNさん・・・。
 

 
以前、とある観光地でお土産として購入したという、赤い“フクロウ”の小銭入れ・・・。


 
写真上のものがそうなんですが、いたく気に入って10年以上も使っておりましたが、流石にボロボロになって来たので、同じものを作りたいと・・・。
 
初めて、革の染色にチャレンジです。
 
赤、茶、黒と3色を使うので、色が混じらないよう、鉄ペンという道具を使って、ヌメ革にまずは下絵を描いていきます。

 
赤いドラえもん?!・・・。
・・・・オリジナルよりもちょっとだけスリムになったような気がしないでもないですが・・・。
 

 
まあ、細かいことはあまり気にせず進めていきます。
 

 
ベースとなる芯材には0.8㎜厚のボンテックスを使用し、黒の布ワッペン(0.3㎜)を貼り付けます。
 

 
蛇腹マチにホックを取り付け、ベース本体の周囲に巻き付けたところ、5㎜程長さが足りていないことが判明・・・。
 
あ~ぁ・・・。
しょうがないですね・・・。
型紙は合っているのに、どうやら革の裁断時に定規のメモリを見間違えたのが原因かと・・・。
 


 
ということで、マチ部分のみ再度“取り直し”&“染め直し”となりました。
 

と、なんだかんだありましたが、取り敢えず完成~!


マチの染め直しを、ちと焦ったせいか重ね塗りが不十分で、ややピンクっぽくなりはしましたが、
 
新生フクロウ、明日から活躍してくれそうです。