靴教室|パイピング?ビーディング?それともヘリ返し?

もう、かれこれ10足目位でしょうか・・・?
Sさんの、ダービー製作です。

靴教室 SKさん ダービー製作

メダリオン製作


スマホでサンプルを観ながら、メダリオンの型紙を作り・・・、
靴教室 SKさん ダービー製作

革の裁断 その壱


革の裁断です。今回はブラックのカーフを選択。
靴教室 SKさん ダービー製作

革の裁断 その弐


お~、無駄なく最小面積で採ってますね~。流石ベテランさんです。
靴教室 SKさん ダービー製作

ミシン縫製


ミシンもだいぶ手馴れた感じで、サクサク進んでおります。
靴教室 SKさん ダービー製作

アッパー製作


ということで、アッパーはこんな感じで・・・。
因みに、今回履き口は“パイピング”で処理をすることにしました。
靴教室 SKさん ダービー製作

パイピング製作 ①


0.5㎜厚に漉いた革を、こんな感じで履き口に糊付けした後ミシンで縫い付け・・・、
靴教室 SKさん ダービー製作

パイピング製作 ②


この様に、クルンと断面に巻き込むようにし、裏に貼り付けます。
 
 
因みに、履き口の処理としては、この他に・・・、
へり返し

へり返し


薄く漉いた代部分を折り返す、“ヘリ返し”(もしくは折り込み)処理と・・・、
ビーディング

ビーディング


 
この様に、やはり薄く漉いたテープ状の革を2つ折りにし、“わ”の部分をアッパートライナーの間に挟み込む“ビーディング”(一部“玉出し”と呼ぶところもあり)と呼ばれる技法があります。
 
“ヘリ返し”は装飾的意味合いが強く、パイピングは装飾+補強的な感じで、ビーディングは主に補強を主眼に置いた技法だと思われます。
ビーディング サンプル①

ビーディング サンプル①


こちらは、ビーディングのサンプル靴のひとつ・・・。
ビーディング サンプル②

ビーディング サンプル②


分かり易く、異なる色の革でビーディングパーツを使っております。
 
もちろん、なんの施しもしない“切りっぱなし”という靴もありますので、ご自身の靴を作る際、履き口をどうするのか参考にしていただければ、と思います。

タグ: , , ,