Yさん、木型の精度を追求する

かばん教室で一通りの基礎を終え、トートやウエストポーチを作成していたYさん・・・。

本業は靴の木型に携わるお仕事をされているようで、

“かばんは少し飽きたので、次は靴を・・・・、”

ということで、靴作りに“鞍替え”です。

実は数年前に、別の靴教室で1足作っていたそうで、初めてではないとのこと・・。

木型は、その時のモノをご自身で改良したもの・・・。
少しサイズが小さかったようなので、お仕事の合間にご自身で修正したとのことです。

仮履きを履き、“ちょうどいい感じです・・。”
ということなので、木型はそのままで・・・、ただし、履き口周りのラインが少し気になったので、型紙だけを少し手直しし、

早速本番へ突入です。
革もご自身で用意された、ムラ感のある茶系のものを使い・・・、

サクッと、アッパーが完成。

こちらは仮吊り込みをしたところ・・・、いい感じです。

踵芯を漉き・・・、

本つり込み・・・。

中もののコルクを埋め、飾り押し縁を施し・・・、

vibramの本底を圧着し、グラインダーで削り廻して・・・、

完成~!

取り敢えず、暫くこの靴を履いてみて、履き心地をご自身で体感し、更に木型の精度を求めるべく、次も同じ木型で一足作る予定です。