全く同じ型紙で2足目へ・・。

1足目の靴のデザインが余程気に入ったのか、2足目も同じ型紙で作成中のMくん・・。

前回は黒一色でしたが、

今回は茶と臙脂のバイカラーで・・・。
しかし、相変わらずパーツが多いですな・・・。

因みに茶色の革は、高級レザー・ボックスカーフでして、吊り込みにかなり苦戦を強いられている模様・・。

吊り込み作業で、やや握力を使い過ぎたせいなのかどうかは分かりませんが・・、

踵芯の革漉きで、ちょっと失敗・・・。

いいんですっ!失敗することも大事なんです。

失敗することによって、何がいけなかったのかを考えることが、こういったモノづくりでは大きな意味があるんですから・・。

私も、靴作りだけでなく、人生においても数多くの失敗を仕出かしてきました・・。

あの時も、そしてあの時も・・・、最近ではあれも・・・、

と、私の失敗話はどうでもいいので、底付け作業へ・・。

今回は“マッケイ製法”にチャレンジするようで、ミッドソールに打ち込み錐で穴を空けつつ・・、

“糸作り”も初体験・・・。

でもって、チクチクチク・・・・。

手の届かない、トウ部もなんとかクリア・・。

アウトソールは“返りの良さ”を考慮し、【vibram9105】を選択。

最後にグラインダで削り廻して・・・、

完成~!

靴作りの面白さにすっかり嵌ったMくん・・・、次からは型紙作りから自身で挑戦すべく、早速マイ木型を購入しました。