12年ぶりメンテナンス

当工房でもう12年近く活躍している、NIPPYの漉き機・・・。

一昨日、少し厚めの革を漉いていたら、急に“刃”だけが回転しなくなってしまいました。

写真の様に本体をひっくり返して色々と探ってみましたが、原因はよくわからず・・・。

本体下のテーブルにだいぶ革くずや埃が溜まっていたので、掃除したところ、その中に5㎜程の金属のかけらを発見・・・。

危っな~・・、ごみと一緒に捨てるとこだった・・・。

これまで見たことの無いパーツなので、
“これは下手に手を出せないな・・・”と思い、購入元の社長に確認の℡を入れたところ、

中央シャフトと、刃を回転させるシャフトが噛んでいる“キー”と呼ばれる部品が外れたのではないか・・・、

とのことなので、急遽本格メンテをすることに。

これまで素人なりにちょこちょこメンテナンスはしてきましたが、本格的なのは購入以来12年ぶりとなります。
ついでにグラインダーがかなりすり減っていたので、この機会に交換することに・・。

送りの“ゴムプリー”や“刃”はまだもうちょいいけるんじゃないかということで、今回は見送りました。

“刃”もプロの目でしっかりと砥ぎなおしてもらい・・・、

お~、超スムーズ・・・。

昨日の一部の生徒さんには、手漉きで頑張っていただきましたが、無事復活しました。

ご迷惑をおかけしましたが、よりスムーズに漉けるようになりましたのでこれからもご活用下さい。