教室風景(靴づくり編)

なんでもこなすスーパー主婦Nさん。

歴2年、今作で5足目となるNさん・・・。 前作の靴が完成後、次の靴に取り掛かる前に、 “ちょっと息抜きで、コーヒーフィルター用のポーチを作っていいですか?” ということで、サクッとレザーポーチを完成させるNさん・・・。

何故かホワイトシューズにコダワルNさん。

歴2年目、2足目に突入したNさん・・・。 因みに1足目の靴は、ご自身のものでコチラ、 全て真っ白のシボあり革で、革紐とライナーはゴールドにしました。 1足目の靴も、昨年の丁度今頃に完成しましたので、 “夏らしくて、これか

愛娘へのベビーシューズが完成

歴5年、これまでクーズーの革を使った靴や、ノルウィージャン製法の手縫い靴、更には奥様へは9㎝ヒールのパンプス等、当工房としては“やや変わり種”ともいえる、こだわりの靴を作成してきたUさん・・。 昨年、めでたく第一子を授か

Yさん、木型の精度を追求する

かばん教室で一通りの基礎を終え、トートやウエストポーチを作成していたYさん・・・。 本業は靴の木型に携わるお仕事をされているようで、 “かばんは少し飽きたので、次は靴を・・・・、” ということで、靴作りに“鞍替え”です。

やっぱりローヒールが好きっ!

以前このブログでもご紹介した池袋の名店?【カレーは飲みもの。】や【とんかつは飲み物。】・・・。 今度は“ハンバーグ”が飲み物になってしまいました。 写真はありませんが、東口には飲める“焼きそば”もあるそう・・・。 もちろ

全く同じ型紙で2足目へ・・。

1足目の靴のデザインが余程気に入ったのか、2足目も同じ型紙で作成中のMくん・・。 前回は黒一色でしたが、 今回は茶と臙脂のバイカラーで・・・。 しかし、相変わらずパーツが多いですな・・・。 因みに茶色の革は、高級レザー・

平成最後の靴が完成~!

ベタなタイトルですみません・・・。 ところで、毎年年末の教室になると、皆さん帰り際に、 “良いお年を~” といって帰って行かれます。もちろん私も同様にお返しをするわけですが、元号が変わるこのタイミングでは何と言ってお別れ

逆吊りモカでラッ〇ルモカシン

2月からスタートしたHさん・・・。 某有名靴学校で2年間学んだ後、現在は都内で靴修理のお仕事をされているようです。 ひと通り靴作り(型紙作りから手縫い迄)は学んだものの、いわゆる“モカシン”の靴はその学校では教えていない

初めての一足はストラップパンプスで。

♪ダンダンダンダダダンダン ダンダダ ださいたま~♪ ここ数日、はなわの“埼玉県のうた”が、頭の中でヘビーローテしてます・・・。 ※出典 :映画『翔んで埼玉』オフィシャルサイト “埼玉の植民地”といわれている池袋で工房を

12年ぶりメンテナンス

当工房でもう12年近く活躍している、NIPPYの漉き機・・・。 一昨日、少し厚めの革を漉いていたら、急に“刃”だけが回転しなくなってしまいました。 写真の様に本体をひっくり返して色々と探ってみましたが、原因はよくわからず

ヴィンテージスチールの穴、ムラあり過ぎ問題

ハンドソーンウエルトの靴底に、ヴィンテージスチールを取り付けたいKさん・・・。 スクリュー釘で留める方法もありますが、やはり、よりしっかりと固定するにはネジ式がいいと思います。 このスチールに合うはずのネジがきれていたの

同時進行が過ぎるYさん。

土曜クラスのYさん・・・。 靴や革小物など、相当数作ってきたベテランさんです。 最近は工房の木型ではなく、マイ木型を数足購入して・・・、 “2足同時進行”なんてこともやってのけます。 こちらは親戚の叔母さんの為の靴・・・

ホームページリニューアルいたしました。

ブログの更新がかなり滞っておりますが・・・。 もうお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、お陰様で工房を始めて10年が過ぎましたので、この機会にホームページをリニューアルいたしました。   以前のモノも気に入